お問い合わせ

水光エンジニア

事業案内
防火対象物定期点検
「いざ」という時に困らないために img消防設備点検

あなたの消防設備は大丈夫ですか?

消防設備は、故障してはいざという時に何の役にも立ちません。常日頃から緊急時に備えておく必要があります。建物の関係者(所有者・占有者・管理者等)は、消防法によって適切な消防設備を設置し定期的に点検を行い、消防署に報告することが義務付けられております。

点検・報告はどうすればいいの?

消防用設備は特殊なものであり、専門知識のある消防設備士又は消防設備点検資格者に行わせなければなりません。 点検・報告の流れ

1.点検依頼

建物の所有者、会社社長、テナントオーナー様から当社に点検を依頼。 drawing

 

2.点検実施

経験豊富は有資格者が、年2回(機器点検と総合点検)の点検を行います。

 

3.点検報告書の作成

点検時にチェックした内容を報告書にし、問題点の修復などを行います。

 

4.消防署に提出

点検報告書をお客様にしっかり確認していただきハンコを捺していただき消防署に提出します。

※建物の用途別に特定防火対象物、非特定防火対象物に分類されます。報告の期間が異なりまので、詳しくは、当社までお問い合わせください。

 

まずはご相談ください

消防用設備等の点検・報告は防火対象物の関係者の義務と消防法(第17条3の3)で定められております。しかし、実際は消防設備といわれても、よくわからないというのが一般的です。また、建物の状態・用途などにより、状況がそれぞれ違います。お悩みでしたらぜひ、当社におまかせください。

点検済票
水光エンジニアは(一財)広島県消防設備管理協会登録会員です
水光エンジニア
〒733-0012 広島市西区中広町二丁目23-15  TEL.082-292-5932  FAX.082-292-8398
© SUIKO ENGINEER Corporation. All Rights Reserved.